台北101ビル

台北101ビルは台北で最も重要な信義区に位置しています。ビルの高さは508メートル、地上101階、地下5階立ての台北のランドマークとなっています。2004年から6年に渡り、世界で最も高いビルとして有名でしたが、現在でも耐震性の高いグリーン建築で有名なビルとなっています。 台北101ビルは台北の建築界史上最大のプロジェクトで、建築士の李祖原氏は華人により縁起の良いとされる数字「八」を構造の単位とし、お互いにつなぎ合わせ、重ね合わせ、まるで筍のようなデザインとなりました。外観は躍動感あふれる美しさを備えるだけでなく、節節高昇(筍の節のように運気や財運がどんどん上昇していく)、生生不息(成長し続ける)の意味合いがあります。国際的な摩天楼の高層ビルの新たなスタイルを創造した、台北101は国内外の観光客の方々に最も好まれる観光スポットとなりました。ビルの内側は世界最大で最も重要な「ウィンドダンパー」があります。これはクッション施設であり、高層ビルの安全と安定性を確保しています。特徴的なのは、一部が飛び出して参観することのできるダンパーで、最も近い距離から一緒に記念写真を撮影することができます。またギネスブックに登録された世界最速の減圧器付きエレベーターに乗ることができます。毎分1010メートルの速度で、5階より搭乗し、たった37秒で89階の展望台まで直通で到達します。素晴らしい視界をお楽しみください。 台北101では2004年の年末にビルの開幕式典を開催しました。当日夜の年越し花火ショーは前代未聞のショーとなり今でも語り継がれていて、台北101は年越しの夜に向かう聖地となり、きらびやかな花火ショーの鑑賞も、台北市民の年越しを過ごすには人気のスポットとなりました。台北101は台湾で最高峰のファッションとブランドのショッピングセンターとして、世界中の有名ブランドを網羅し、ショッピングを身近にし、中華や洋食の美食の饗宴がさらなる満足と喜びや驚きをもたらします。 付近にある象山は信義区の夜景を観賞する最良のポイントです。無数のビジネス展覧会や会議が開催されてきた台北世界貿易センター展覧ビルがあります。また四四南村はもとは台北市の初の眷村であり、その後、そのうちの眷村展示館、パフォーマンス館、四四広場と文化公園などを含む4棟の建物を残して信義公民館として計画された、現在ホットな文芸の観光スポットです。どうぞお越しください。
請點擊外框區域離開彈出視窗