華山カルチャー・クリエイティブパーク

華山1914クリエイティブパークはMRT忠孝新生駅付近に位置しています。前身は1914年に建設された日本の「芳醸社」で、清酒の生産をメインとしていました。1949年に「台湾省菸酒公売局台北第1醸造所」に改名されました。1987年に醸造所が林口工業区に移転後、閉鎖されています。1999年に正式に「華山文芸特別区」となり、改修工事を経て、2005年末に旧工場エリアと公園エリアを結合した「華山文化パーク」が新たに開園し、台北市の文芸パフォーマンス活動の場となっていきました。 華山クリエイティブパークには4連棟、烏梅醸造所、果実酒礼拝堂、拱庁(サロン)、高塔エリア、赤レンガエリア、米酒作業場など形成されています。現在は文化芸術界での創作、パフォーマンスとイベント会場と、クリエイティブなデザインの作品の展示販売ショップ、特色あるレストランとコーヒーショップ、ライブ演奏のパフォーマンス会場、芸術映画を放映する「華山光点映画館」等として提供されています。映画を見たり、展覧を見たり、音楽を聴いたり、芸術フェアを散策したりと、多くの若者を魅了し、文芸の息吹に満ちています。 屋外スペースには森林劇場、華山劇場、芸術大街、煙突広場とLegacy音楽展覧スペースなどがあります。家族連れがペットを連れて、草地の上を走りまわったり、座って日の光を浴びて風に吹かれてのんびりした午後を過ごすのが良く見られ、とても快適です。 隣接する忠孝東路の広場は、休日には様々な音楽イベントが開催されています。人々は草地の上に座ったり寝転んだりしてパフォーマンスを鑑賞し、自由にリラックスしたりと、風情があります。夜の華山は、デザイン感十分のライトに照らされて、百年の歴史ある古い建築物がより味わい深く、より魅力的となります。 古い建物に新たな創意を加え、華山はクリエイティブでファッショナブルで、美しさのある生活の芸文の聖地となり、限りない魅力を放っています。付近には光華デジタル新天地とテクノロジーライフ、流行の映像、芸術パフォーマンスを結合した三創デジタル生活パークがあります。どうぞ体験してみてください。
請點擊外框區域離開彈出視窗