大同公司

台北の中山北路は様々な風情のある道です。道沿いに歩けば、とても強く感じることでしょう。大同公司に到着しました。鄰には大同公司による建教合一(学校と企業が協力しての事業)で設立された大同大学があります。1998年、大同大学の創設者である林尚志氏の百歳の生誕記念のために尚志記念館を設立しました。ヨーロッパスタイルのドームは荘厳な教育精神を象徴し、外観の花崗岩は永久不滅を表し、銅鐘はイギリス製です。建築全体が十分に美しく、特色があります。鄰にはヨーロッパスタイルの庭園もあり、新婚カップルを魅了し、結婚写真の人気撮影スポットとなっています。 大同公司駅の付近にはとても有名で、60年以上の歴史を誇る晴光ショッピングエリアがあります。晴光市場と双城美食街は、今に至るまでユニークで賑やかなマーケットとなっています。当初はアメリカ軍の進駐により、アメリカ軍クラブのほか、晴光ショッピングエリア付近はすべて洋食レストラン、パン屋とバーで、台北で最も異国情緒あふれるショッピングエリアとなっていました。台北市で最も早く最大の舶来品の公益エリアで、美しく珍しい外国の宝石、皮のバッグや洋服、ブランド品店が晴光市場に林立していました。すべての商品はみな店長が心を込めて選び抜き、それぞれに風格があり、一般的な店とは異なっていました。しかし時代の変遷に伴い、晴光ショッピングエリアの舶来品店も現在の適切な商店街へと次第に転換していきましたが、今もなおも遠方からのお得意様を惹きつけています。休日には聖多福教会付近のエリアには、多くの東南アジアからの外国籍の人々がここでレジャーと交流を行うため、東南アジアの百貨マーケット、小吃、スーパーマーケットなどもここに集まり、晴光ショッピングエリアの特色の1つとなっています。 晴光市場には例えば意麺、油飯(おこわ)、台湾風煮込み、タロイモ入りビーフン、車輪餅(今川焼き)など多くの人気の屋台料理があるだけでなく、隣接する双城街はさらに懐かしの味に満ちた美食街であり、愛玉かき氷、烏骨鶏、海鮮粥はふるさとの味として人気です。さらに特別なのは、双城美食街は日夜での2交代型式で運営されていることです。毎日朝から晩まで、時間によって様々なスタイルの庶民の日常の美食を味わうことができます。物価が安く、台北人の幸せな美食の台所と言えます。 晴光ショッピングエリアは中山北路の変遷、豊かな時代の風貌への発展を見届けています。どうぞ体験しにいらしてください。
請點擊外框區域離開彈出視窗