台北アンバサダーホテル

左右両側の樹木にご注目ください。これは中山北路の街路樹、タイワンフウです。タイワンフウは樹木の形がとても優美で、春夏の2つの季節には、緑の葉が生い茂り、秋と冬には葉の色が赤や黄色となり、本当に美しいです。様々な風情の中山北路は台北市での歴史が最も古く、また最も魅力的な木陰の大通りです。 中山北路二段の周辺には多くの国際的なブランドの名店と結婚写真店が連なり、少し進むとタイペイアイがあります。京劇であれ、先住民の踊りであれ、民間伝承の技芸と雑技や獅子舞のパフォーマンスであれ、様々な踊りを網羅しています。台湾と中華の伝統的なパフォーマンス芸術の真髄に触れたいなら、ここを見逃す手はありません。 映画を見たいなら、近くの「台北の家」では、常時世界各国の芸術映画が放映されています。「台北の家」は1925年に建設され、かつてはアメリカ大使館鑑定がありました。外観はアメリカ南部の別荘の息吹を備えた白色の洋館で、優美で美しく、庭園でコーヒーを飲んだり、書店で本を読んで、文芸の息吹に満ちた古跡の建築に浸るのも、得難い経験です。 地元の特色ある食事を味わうのは、いつも旅行のポイントとなる楽しみの1つです。台北アンバサダーホテルから徒歩で寧夏夜市まではそう遠くありません。台北の懐かしの味、例えばカキオムレツ、タロイモの揚げ団子、臭豆腐などの伝統的な屋台料理は、しっかりと味わってみる価値があります。寧夏夜市のとなりには双連市場があり、朝はいつも買い物をする人波で一杯です。売り買いお互いの声が響き、エネルギーに溢れています。市場を散策するのも、地元民の日常生活が感じられて、とても面白いです。 MRT双連駅周辺にある文昌宮は、主に文昌亭君が祀られています。テストの時期になると、学生とその家族が伝統市場で大根、葱、セリ、まんじゅうをお供えとして購入して、好彩頭(大根の台湾語名は彩頭で、「好彩頭」は良い予兆を意味する)を表現し、学業成就を祈願します。賑やかな中山北路の、裏道の隠れた民間信仰は、地元民だけが知っています。この文昌宮を見つけたら、台湾での旅がより一層楽しくなることでしょう。
請點擊外框區域離開彈出視窗