頂好市場

忠孝東路四段は台北市の最も重要なセクションであり、いわゆる台北東区でもあります。これからご紹介するのは、MRT忠孝復興駅と忠孝敦化駅の間に位置する頂好ショッピングエリアです。MRT板南線が開通してから、行き来がとても便利になり、人波が西門街ショッピングエリアから次第に東に移動して、台北東区へと流入していきました。大型百貨店、ブティック、洋服、靴、バック、ジュエリー、スポーツ用品、書店と中華レストラン、各国料理、コーヒーショップ、ファーストフード、カラオケ、パブなどが賑やかな頂好ショッピングエリアを形成し、ビジネスチャンスは無限に広がりつつあります。ショッピングに走るも、飲食やレジャーを楽しむも、ここで満足することができます。百貨店のアニバーサリーのバーゲンの時期には、頂好ショッピングエリア周辺は人波はで溢れ、道は渋滞し、店が人であふれる光景は圧巻です。 夜の帳が下りた頃になると、頂好ショッピングエリアはランプの光でさらにきらきらと輝きます。ここには24時間営業の泡沫紅茶(シェイクしたアイスティー)の店があり、深夜になってもたくさんの人々で賑わい、まるで不夜城のようです。一日中、いつでも人々が街歩きやショッピングをしている、これぞ頂好ショッピングエリアの面白い光景です。裏道のクラブは夜が深まるにつれ、カラフルで鮮やかな看板に灯がともり、客を招き寄せています。会社勤めが終わった人たちが小さなグループとなり、ここで集まりおしゃべりしてリラックスし、人々を魅了する風景が造り出されています。 このほか、敦化南路のセーフティーゾーンに設置されたエネルギッシュで明るい公共アートは、台北人の騒々しく、忙しい生活の中での心静かな憩いの場となっています。このほか頂好市場駅の乗り降りする場所にある広場には、平安の鐘があります。これは921大地震の1周年を記念し設計されました。騒々しい広場で1時間ごとに鳴る鐘は平安を祈り、台湾に再度天災が発生しないことを願い、また人々に注意を促しています。災難の苦痛に向かい合い、胸に刻み、謙虚な態度で向き合うよう見守っていてくれます。
請點擊外框區域離開彈出視窗