台北駅(忠孝)

台北2階建て観光バスにようこそ。台北観光の新たな視点とともに、ユニークで素晴らしい旅の経験をご提供できることを願いつつ、出発しましょう! 台北市は台湾の首都であり、伝統と現代を兼ね備え、政治、商業、金融、ファッションと文化の中心でもあります。都市が建設されてから130年以上となる歴史ある台北市では、それぞれの年代の代表的な建築物をすべて見ることができます。  MRTで淡水信義線に乗っても板南線に乗っても、出発地点はすべて台北のランドマークである台北駅となります。台北駅は1887年に建設され、現在みられる赤レンガを模倣した中華式の伝統建築スタイルへは幾度もの改築を経て、1989年のレールの地下への敷設工事が完了し開通後、5代目となる駅が正式に使用を開始しました。台北駅は地上6階、地下4階建てで、台湾を一周できる台湾鉄道、台湾西部を貫く高速鉄道、桃園空港のMRT路線と台北の都市エリアでサービスを提供するMRTを含む、ハブステーションとなっています。周辺には高速道路バスとバスのターミナル駅があり、台湾で最も乗降客数の多い最重要駅であるだけでなく、北部地域の最も重要な交通の要となっています。毎日台北駅で乗降する乗客は約数十万人/回であり、一日中人々が出勤・帰宅、トランクを引きながら台北に到着あるいは台北からどこかへ出発したりと非常に混み合い、また都市生活の見事な縮図を見ることができます。2016年には新たに夜間照明施設がデザインされ、時間帯により異なるライトアップが楽しめます。 駅では観光客に便利なサービスが提供されていて:1階には多くのお土産ショップが、2階には多くの有名なおいしいレストランがあり、ちょっと休んだり、おなかを満たしたりできます。   地下1階は地下街と接続しています。駅周辺はホテルと百貨店が林立しているほか、駅裏の百貨と卸エリア、東南アジアから労働に来た人々がもたらした東南アジア風味の美食街は、週末や休日になると多くの人々で賑わいます。付近には国府史跡館と百年の旧跡である撫台街の洋館などの有名な観光スポットがあります。美食を楽しんだり、街を歩いてお土産を買ったり、様々なスタイルのパフォーマンスイベントを鑑賞したりと、台北駅ではそれぞれの世代の方々が最大の楽しさと満足を得られるでしょう。 ここは台北を知る、すばらしいスタート地点です。複雑な台北駅の中で迷子になるかもしれませんが勇敢に探索すれば、きっと楽しく感慨深い経験になることでしょう。
請點擊外框區域離開彈出視窗